短肌着を用意する


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

短肌着新生児の赤ちゃんには、肌着を必ず用意してあげましょう。特にメインとなる短肌着は、余裕を持った枚数を買っておくと良いです。新生児は汗をかきやすいので、多く用意しておく事に越したことはありません。また、ミルクや母乳をこぼしたり、よだれをつけてしまったりする事もあります。短肌着は少なくても5枚、不安であれば7枚近く用意しておくと、こまめに洗濯したとしても間に合うのではないでしょうか。また、短肌着に合わせて、長肌着を3枚くらい、さらにコンビ肌着も3枚くらい買っておくと便利です。

短肌着は基本的に新生児にメインに着させます。体が成長していくのに伴って、短肌着からは卒業となりますので、それほど長い期間着る訳ではないのです。短肌着と長肌着はいずれも手足をあまり動かさず、さらに寝返りをさほどしない月齢に合わせて作られていますので、生後3ヶ月くらいになると必要なくなります。たった3ヶ月しか着ないと思うと、それほど枚数は必要ないのではと思うかもしれませんが、赤ちゃんにとって大切な時期です。こまめに体温調節を出来るよう、準備してあげましょう。また、肌着は海外製ですと有害になりえるホルムアルデヒドが含まれている可能性があるため、不安ならば日本製のもので揃えましょう。

中には、新生児とベビー服を取り扱う通販サイトがあります。日本製を取り扱っていたり、赤ちゃん用肌着について説明を詳しく書いているので、こちらも参考にしてみてください。

 

肌着を上手に買い集めよう

洗濯新生児に着させる肌着は、だいたい3ヶ月くらいしか使用されません。大量に買って使わなかったら勿体ないと思うかもしれませんが、足りないよりは多いほうが安心です。余った分は今後子供を作る余裕があるのであればその時に使用できますし、あるいは誰かに譲ったり、ベビー用品を売ってしまったりする手段もあります。逆に足りないと、洗濯物が乾くまで他のものを代用して着させなければならなくなったり、汚れている肌着をそのまま着させてったりする形になるかもしれません。その時は勿体ないと思うかもしれませんが、とても大切な新生児期は、惜しみなく肌着を用意させて下さい。

あるいは、勿体ないという気持ちが強いのであれば、おさがりを上手に活用するのも一つの手です。新品のものを使いたいかもしれませんが、言っても3ヶ月ほどのお付き合いになるアイテムです。もし、家族や兄弟が余している肌着があるのであれば、それを譲ってもらうほうが良いでしょう。肌着は新品よりも、何回か着たり選択されていたりするほうが肌触りが優しく、赤ちゃんに肌のためにもなります。もし兄弟や姉妹がいたり、あるいは子供がいる友人がいる場合には、お下がりの肌着がないか声をかけてみてはいかがでしょう。