新生児肌着の「短肌着」とは?


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

赤ちゃん新生児の時期には、ベビー服の中でも「短肌着」の出番が多く重宝されます。しかし、育児が初めてな方にとって、短肌着とは一体何なのかわからない方もいるかと思います。当サイトでは、新生児肌着に選ばれる短肌着について紹介していきます。

短肌着とは、新生児期の赤ちゃんに欠かせず、ベースとなる肌着の事を言います。着丈が短いのが特徴で、ボタンは付いておらず、内側と外側についている紐で開閉する衣類です。赤ちゃんの肌はデリケートなので、縫い目が肌に当たって痛ませてしまわないように、表側に縫い目があるのが多く見られます。夏場であれば短肌着だけでも十分ですが、肌寒い気温の日には、短肌着に長肌着を重ね着させるようにします。

短肌着とは反対に「長肌着」というものもあります。これは足の先まで着丈がある肌着となっていて、形としては短肌着の丈がそのまま長くなっているような形状です。ドレスのようになっていて、裾にはボタンが付いていませんので、オムツ替えがしやすいです。新生児ですと屋外に出ることはあまりありませんが、外に出る時に着させたり、気温が低い時に室内に着させたりするのがメインになります。あまり着用させるシチュエーションは多くないのではと思うかもしれませんが、実は新生児にとってメインの衣類となるアイテムの一つです。新生児の時期は特に、短肌着は多めに必要となります。着る時期は短いかもしれませんが、快適に過ごせるよう、短肌着を用意してあげて下さい。